2019年4月15日

雑感


3月某日
階段を上りきったところで、訪ねてきたご父兄と話していたら、
玄開のドアが開いた。
駆け上がって来たのは高2のR君、後ろからMちゃん、S君、
あらあら、高2の皆さん、次々に階段を小走りに上がってくる。
「なになに?」
聞いても、階段を上がるのに夢中。
「どうしたの?」
ひとり、引きとめて聞いた。
「加藤先輩が最後なんで」
後ろのもう一人に聞いた。
「それで?」
「みんなで塾に行こうということになって」
そうですか。そうですか。

なんだか、いい話。
カトちゃんこと、加藤君。アシスタントを4年間してくれました。

塾のアシスタントというのは、
夫と一緒に授業を作ってくれる卒業生です。
遅れてきた生徒、うっかり夫の指示を聞き逃し、なにをしていいかわからない生徒、
プリント演習で立ち止まる生徒、
よろず相談に応えてくれる人たち、全員が塾の卒業生で、
夫の気性も含めて、中学生の頃、授業を受けてそのやり方を知っている、
人たちです。

(現在も、元太君、高校生クラスの皆に頼りにされている。
麟太郎君、私の間違いを発見してくれ、頼りになる。
隆昭君、生徒に気さくに話しかけて和ませる。
有人君、武夫君、今年からのアシスタントで、緊張していますが、
子どもたちに親切で優しい。いいアシスタントばかりです)

カトちゃんは、卒業生の2世であり、父もアシスタントしていて、2代目。
2世は数多くいるが、アシスタント2代目は初めて。
彼の父は、心に残る、いいアシスタントだった。
教え込まない、自分の判断をしない、わかっていても少しでも自信の持てないことは
夫に聞く。どんな易しい問題でも教え方、解き方を聞く。
(これが意外に難しい)
大学生ともなると、プライドもあるから、
夫に聞かないで教えてしまう。
カトちゃんのお父さんは当時、それをしなかった。
息子のカトちゃんもしなかった。

そして2代目のカトちゃんはいつなんどきの無理(急な土日の補講の呼び出しなど)を
言っても駆けつけてくれた。、
就職も決まり、今年の3月で終わり。
私たちにとって、カトちゃん不在の授業は
寂しい限り。手痛いことでもあります。

さて、高2の皆さん、教室に入るや、
「かとう先輩」「かとう先輩」
名前を呼んで、近寄り、
「ありがとうございました」「ありがとうございました」
「就職、がんばってください」
連呼。

高校生クラスに籍を置く、Mちゃんの情報に、
挨拶に行こう、お礼に行こう、ということになったらしい。

兄を慕うように、別れを惜しんで、
大勢、駆け寄る姿はいい光景でした。

「カトちゃん、うれしいね」
「はい。うれしいです」照れていた。
「今まで、こんな光景は私、見たことないもの」
毎年、こういうことはあると思っていたようで、
「そうなんですか」驚いていた。
「カトちゃんは、今日のみんなのこと、忘れられないね」
「はい、一生、忘れません」......瞳を少しうるませて、力強く言った。

22歳の若者が、どれほど、うれしかったか。
学生の自分を慕ってくれる生徒のあたたかさと愛しさは
格別だったろうと思う。

もう一人のアシスタント、雅也君。
この人も3月で終わり。
「仕事は自分で捜せ」
アシスタントの心得の一つにあるんですが、
雅也君は授業中、あちこち動き回り、出しっぱなしのワーク類を
本棚にしまったり、いっときも休まず、それを実行した。
無論、よく気がついた。

今年の中3の「先輩、ありがとう」の色紙に
「先輩がいて、教えてくれて、助かりました」
全員が同じ文面を書いていた。
助かりました、いい言葉だなって思います。
中3の助けになったことに間違いはない。
私たちこそ、助かりました。

雅也君の兄も6年間、アシスタントをしてくれ、兄弟でお世話になったのです。
雅也君の最後の日を、残念ながら生徒は誰も知らなかったから、
やって来なかったけれど、ご両親がいらっしゃった。

「息子たちがお世話になりました」
いえいえ、お世話になったのは私たちです。
「お蔭さまで、成長させてもらいました」
アシスタント最後の日に、ご両親が挨拶に見えられるとは恐縮至極。

子どもは親以外のいろいろな人たちにお世話になり、
育ててもらう。
そうだなって思っても、
24歳にもなっているのだから、
そうか、塾は今日で終わりか、で済むところを
ご夫婦で挨拶に来られた。
お世話になった人に礼を尽くす、親の想いに包まれました。

親の想いに触れたことがもう一つ、
或るお母さんからお手紙をいただきました。

抜粋です。

≪........卒舎式を前にして息子は言いました。
「先生に手紙は書けない」

(私たちから中3一人一人に感謝状と称する文章を渡す、そして、中3から
塾の思い出をつづった文章をもらう、というのが卒舎式でもあります)

私は「思ったことを、今の気持でもいいし、正史先生や玲子先生とお話ししたことを
助けてもらったこともあるでしょう? そういう思い出を少しでいいから、
書いたらいいよ」
「思っていることは頭の中にあるけれど、それを文章にして書くなんて
できないんだ。俺にはできないことなんだ」
こんな返答がきました。
中学生になって初めての中間テストの時、
息子から「計算の仕方、やり方は解っているのに、ペンを持ってテストになると、
解けなくなる。真っ白になるんだ」
そう言われたことを思い出しました。
あの時も今も、私の頭は「???」のままで、成長しない自分が嫌になります。

卒舎式に行けないと言うので、
「私じゃなくて先生に伝えなさい」
そう言うと息子は本当にその場で先生に電話をかけてしまいました。
正史先生が、
「来てくれればそれだけでいいんだよ」
そう言って下さって、そのおかげで私たちは卒舎式に参加することができました。
・・・略・・・

先生、あたたかい卒舎式をありがとうございました。
読んで下さったお手紙に涙があふれてきました。
卒舎する皆さんに宛てたお手紙を聞きながら、この子たちは
これからたくさんの出会いがあるだろうけれど、
自分のことをこんなにも思って考えて理解してくれる相手に
どのくらい会えるだろう。
おそらく正史先生と玲子先生のような方とはもう、
巡り会うことはできないのではないかと思いました。
私にとっても正史先生と玲子先生との出会いは
これからの人生に大きくいつまでも影響していくと思います。

頭が固くて、枠から出たくない私は、学校を嫌う息子に寄り添うこともできず、
無理にでも行かせたい、できなくてもやらせたいし、やるべきだ、
なぜやらないのだ? と怒りながら、
また、なぜ普通のことができないの? と悲しみながら、
ずっと自分の考えを押しつけてきました。
「〇〇君は悪くないんだよ。何も悪くないの」
そう言っていただいた時、この子の心は本当に救われたと思います。
私の固すぎる頭にやわらかい玲子先生の言葉が響いてきて、
一瞬で氷が解けたような感覚を覚えました。
・・・・・・略・・・・・・

この子がこの先、つらくなったら今度は寄り添えると思います。
この子ができない、やれない、そう思いこんでいることを
一つでもほんのわずかでもできるようにするため、これから私も
一緒に考え、努力してできるようになるきっかけを
探しながら共に乗り越えていこうと思います。
・・・略・・・

私たちと出会っていただき、関わっていただき、
見守っていただき、導いていただき、
できない私たちを許していただき、
認めていただき、本当にありがとうございました。

たくさんの感謝をこめて。≫

読み終えて、切なくあたたかく、手紙を胸を抱きました。
そして私も同じだったなって振り返りました。

我が子のことを何もわかっていなかった、
そういうことの連続で、
次に来るのは自分がいたらぬばかりという、
責め苦であり、
申し訳なさであり、
もがいたり、諦めたり、
でもでも、元気でいればそれでよし、だったり、
このお母さんの気持は、私も含めて親にとって、
想いは重なる。

この母君は、学校に行かない、勉強しない、
困って教室に来て何度か話していかれました。
胸中、いかばかりか。
でも話しながら目には涙があふれ、流れる時でも、
帰られる頃は、にこにこ、笑顔で、
おおらかな方だなと思っておりました。
月謝袋には必ず、小さなメッセージが入っていました。
大きな美しい文字で、時候の挨拶のあと、
きまって、最後に、
今月も、どうか息子をよろしくお願い致します。

この気持ちが息子に伝わらないはずはない。

「玲子先生、いっつもお母さんには......わがまま聞いてもらって......迷惑かけて」
学校はできる人たちにはいいけど、自分にはつらいし、勉強をしようと思っても
長くは続かないし、できない。
そんな話の中で、彼は母に詫びた。

「いいお母さんだね」
「......はい」
明るい顔になった。
自分を大切に想っていてくれる、案じていてくれる、
母のあたたかさが深い場所で彼を支え、感謝しているのがわかった。

「あなたもいい息子だね」
心からそう思った。

私も、改めて教えてもらいました。
親はこうありたいと思いました。
誰しも、自分を想ってくれるあたたかさは忘れない。
忘れられないからこそ、誰かを想う。
そんな気が......します。

REIKO










2019年3月14日

2月・3月

2月
私立高校の合格があった。
全員合格!!
中3のみんなは、全員高校生になれる。
よかった。
少しだけ、春が来た。

3月の公立入試まであと僅か。
あと1カ月、がんばれ。がんばれ。がんばれ。

私立が終わると、
中学校に提出する公立志望校を決定しなければならない。
今の実力だけではない。
内申点もある。それは本人を援護する時もあれば、枷になる時もある。
内申点と第一志望の模試の偏差値をつきあわせ、
おおよその合否の現況を伝える。
あとは本人の気持だ。

第一志望に見合っている内申点と模試の現実、
親御さんの想いが合致していれば何も言うことはない。
でもなかなかそうはいかない。
力がついて来て偏差値が志望校の圏内でも、内申点が不安とか、
内申点はいいが、ここだという志望校が決まらないとか、
いろいろある。

Tちゃん。
「話があります」
どうしたの?
「志望校を変え......ようかと。......やはり、ずっと思っていた......高校にしたいので。」
とつとつと、うつむき加減で言った。
夫が明るく言った。
「中1からその高校を受けるのかと思っていたのに、
どうしてその志望校にしなかったのか、ずっと不思議だったんだ。
......わかった」
Tちゃんが、泣きだした。
ぽろぽろ、涙が止まらない。
何か悪いことでも言っただろうか。

Tちゃんの話は、(後で聞いた話も合わせると)
学校から、第一志望高の、その下の高校でも危ないと、言われていたから、
自信がなくなって、ずっと悩んでいたらしい。
思い切って親に相談したら、「受けてもいい」そう言われて、
最後に夫に自分の決心を話して、相談したかったということだ。

「それでいい。
実力はその高校に達しているし、それより、なんで、誰に、遠慮していたんだ?」

大人の一言は子どもの心を揺さぶる。
私たちも、合否を口にするのは学校と同じかもしれない。
ただ、少なくとも、総合点だけではなく、5教科を見ているので、その生徒の伸びる教科、
弱点分野、得意分野、細かな把握はしているつもりだ。
が、学校の先生という大人も、
塾という大人も口を出すことに変わりない。慎重にならねばと思った。

Tちゃんの実力は、明らかにその高校を受けるに申し分なかった。
中1からこつこつ定期試験を勉強し、
内申点も問題はない。今の実力も第1志望校に
挑戦するには充分。
「油断しないで、がんばれ。」
Tちゃんがやっと笑った。

試験は、受けてみなければわからない。
実力通り、順当に結果が出ることもあれば、
力があっても不運に見舞われることもある。
しかし、15歳の、初めての挑戦は、結果如何に関わらず、
涙も笑顔も滋養になる。
無理矢理、変えさせられては悔いが残る。

4時半、(小学生の授業から)夜10時過ぎまで、
ただひたすら、勉強する中3の姿は愛しくなる。
全員合格、ただただ祈る。

入試が近づくと、卒業生の差し入れが増える。
大学が決まったとか、報告がてらの差しいれ、高3のみなさん。
去年の必死の毎日が思いだされ、「みんながんばって下さい」と高1のみなさん。
たくさんのキットカット!ありがとうございました。

3月5日
いよいよ、入試前日。
夫は理科の、過去問を集めて、大きな紙に張った。
それを食い入るように見ている生徒、漢字を復習する生徒、
長文和訳に余念のない生徒、
その中に、推薦合格で、もう勉強しなくてもいい生徒も混じっている。
最後まで、一緒に!
夫の気持を汲んでくれた生徒で、
入試前日まで皆と共に勉強してくれた。ありがとう。

入試前日の中3の授業を夫がするので、
今日は、急遽、小学生の授業は算数から国語に変更した。
元気のいい小学生の皆さんに、お願いした。
「明日は公立高校入試だから静かにね。協力してね。
そして祈って下さい。
祈りというのは、一人より二人、二人より三人、みんな、
隣の教室の中3に、祈ってね」
(姑の言葉なんです。いい言葉だなっていつも思います)

ふーん、という感じだった。
ピンとこないって感じで、なんで、入試だから静かにするのかという顔だった。
中学生になるのも遠いのに、高校入試なんて、もっと遠いという小学生だった。
授業は漢字の復習プリント、文章問題、あとはかるたをやめて、
まんが歴史シリーズを本棚から出し、読んでもらうことにした。

ひとりの小学生が、
「ぼく、中3の教室に入ってわかった。しんとしてた。だから静かにできる」
もう一人、
「よくわかんないけど、本を読むならいいよ」
もう一人、
「玲子先生、明日、がんばって下さいって言ったら?」
なんだかその一言、うれしくて。
「言おうか」
「うん、言おう」
そういうわけで、国語の授業が終わって、
ぞろぞろと小学生が隣の教室に入った。
夫の講義を聞いて、黙々とペンを走らせ勉強している中3の背中をじっと見ていた。

「小学生のみんなが、激励したいそうです。振り向いて下さい」
一斉に中3が振り向いた。
何事かと振り向かれ、見つめられて、臆したようだったが、
「せいの!」
「明日っ、試験、がんばってくださいっ!!」
声を限りに張り上げた。大きな大きな声だった。
ふいの激励ににこっとする生徒、ありがとなっ、と手を挙げる生徒、
姑に教えられた、「一人より二人、二人より三人」
中3のそれぞれの入試前日の不安な気持が、
一瞬でも、吹き飛んでくれればと願った。

中3の授業が終わり、
姓名のひと文字を夫がカッターで
削った消しゴムを一人一人に渡す。
奮闘する入試最中に、
机の上に、自分の名前が入った消しゴムがある。
そばにいてやれないけれど、ここで見守っているから、
がんばれ。
応援と合格祈願の消しゴムです。

渡し終えたら、中3は帰宅する。
毎年、この時間帯が切なくなる。
がんばって、何度言っても、言い足りない。
「なんとしてでも、なにがなんでも合格して下さい」
思いを託した。
夫は、何も言わなかった。

今日まで、よくやった!
自信を持って、がんばってこい!
いいな!
そう言いたい夫の胸中はわかる。

「人は何も言わなくとも気持ちは伝わる」
(大好きな祖母の口癖が浮かんだ。)

帰り支度をして、教室を出るドアの前で
「いってらっしゃい」
声をかける。
「行ってきます」
「がんばってきます」
誰もがそう言ってドアの向こうに行き、階段を下りる音が聞こえる。

女子生徒が固まってタイムカードを押していた。
「いってらっしゃい」
「がんばります」
何か別な言葉がほしいな。
「こういうとき、(勝鬨)エイ、エイ、オー、ってしたいね」
そう言った。
私に野太い声があって、声量があって、ドラマチックに威勢よく、
送り出せたらいいのに、と思った。
女子生徒は小さく、少し、恥ずかしそうに、
「えい、えい、おう」
笑いながら、肩まで片手を挙げた。
私も、心の中で、大音量で叫んだ。
(エイ、エイ、オウー)

今日は隣の教室に高1が来ていた。
卒舎式の感謝状に奉書用紙を使うので、夫が書きやすいように
折ってくれている。

「毎年、中3が帰るとき、なぜか涙が出るのよね。」
私が高1のグループに近寄って話したら、
高1のMちゃん、
「わかります。わかります。私も、今、涙が出ました。」
赤い目をしていた。
「私も......」
Rちゃんも目がうるんでいた。。
高1全員が、うんうんと頷いた。

去年はわからなかったろう。
一年経って、送り出す気持を、感じてくれたのだ。
私たちの想いを
共有してくれた16歳のみなさん、ありがとう。

3月6日
入試は終わった。
誰一人欠席せず、無事に終わって良かったが、発表を考えると今度は
合否の心配が始まる。
問題の読み間違いはなかったか。漢字は書けたか。実力通りにいったか。
きりがない。

3月9日
卒舎式。
中3全員にあてた文章が、やっと昼前に仕上がった。

学校の卒業証書は代表以外は「以下同文」です。
そうしたくなくて、始めたものです。卒舎証書ではありませんが、これまでのあれこれを
毎年、夫婦で綴ります。中3の皆さんも、今までのいろいろを綴ってくれます。

そして、「今日まで大切なお子さんを通わせていただき、ありがとうございました。」
親御さんに感謝申し上げる日です。
卒舎式に出席のご父兄に、夫と二人で頭を下げる日でもあります。

いただいた中3の文章を少し。
「進路について悩んでいた時は、私は今北先生たちに相談するかどうか、
悩みました。学校の先生のように、相談したらまた何か、傷つくことを恐れたからです。
しかし、学校の先生とは違いました。正史先生と玲子先生は私の中1からの目標を
理解し、勇気を与えて下さいました。あの時、相談していなかったら今頃、私は
後悔しているに違いありません。本当に感謝してもしきれません。)

もう一人。
(朝、目が覚めて学校に行き、北剏舎に来て勉強する。毎日がその繰り返しでした。
大変なことではありましたが、それよりも楽しさが大きかったから、最後まで続けることが
できたのだと思います。正史先生がいなければ、私は成長することができませんでした。
玲子先生がいなければ、ここで頑張ることができませんでした。北剏舎がなければ私は本気で
学ぶことの楽しさを知ることができませんでした。)

もう一人。
(この塾に来て、きちんと叱ってくれ、見守ってうれる正史先生や玲子先生がいたから、
勉強から逃げていた私が、勉強と向き合うことができました。進路が決まらず、
悩んでいた時も、親身に相談に乗ってくれ、全力でサポートしてくれました。)

≪私たちが良いわけではない。こう言ってくれる15歳の心根が良いのです。
勿体ない言葉が心にしみました。また、私たち、頑張れます。≫

最後に、
(今まで通っていた塾では、宿題を忘れても「次、やって来てね」くらいで終わって
いましたが、ここではそうはいきません。本気で怒られます。しかし、すべて
自分たちのためを思ってのことだと思うと、感謝の言葉しかありません。
英語の長文はさんざんでしたが、今北先生のお蔭で受験勝負できるレベルにまで
あげることができました。
今通っている中学は学年で半数近い人が、ナンバースクールといわれる学校を
受験します。ナンバーじゃない奴は下に見られ、学力がない人は差別されます。
学力だけが人を量るものではないのに。
偏差値の高い学校に行って人を下に見る人に、私は負けません。
偏差値がすべてだと思っている人に、私は負けません。)

15歳は大人じゃないけれど、大人です。
この痛烈さを失ってほしくない。
振りかざすでもなく、挑むわけでもなく、
「私は負けません。」と言いきった。
深く、深く、心に残った。


卒舎式プログラムがすべて終わり、
いよいよ小袁治師匠の一席が始まりました。

「初天神」
(初天神に行こうとしていた父親が息子に見つかってしまいます。
あれ買って、これ買って、とせがむ息子を、連れて行きたくはないのですが、
渋々、連れて行くことになります。
案の定、いろいろとせがまれてついに凧を買ってしまいます。
子どもの頃の凧上げを思いだし、夢中になった父親は、子どもに凧をさせません。
「ああ、こんなことならお父さんを連れてくるんじゃなった」)

初天神は二度目です。
師匠の子どもがものをせがむ声、表情、よく捉えていて、
師匠があどけない子どもに見えました。
最後の凧上げの場面は、脳裏に高々とあがる凧と、空が見えました。
どこまでも続く空が見えました。すっきりとした青空でした。
話芸の素晴らしさはこういうことかと、感動でした。


発表
仙台二高、宮城第一高、泉館山、仙台高、合格おめでとう。
(前述のTちゃん、合格です)
でも全員合格とはいかなかった。
一生懸命に勉強したのに、叶わなかった生徒がいた。
もしや、内申点の枷だったか。
実力通りに行かなくて、胸が痛くなる。
いっそ、本番だけで合否を決めてくれればいいのに、と毎年思う。
制度を嘆いても仕方がない。

明日の先、そのまた明日のその先に、希望があることを
祈ります。
三年後、塾の階段を駆け上がってきてほしいです。

今年、
駆け上がって来たのは、
志望大学を夢見てがんばったSちゃん。
憧れの早稲田、合格。
諦めず、貫き通しましたね。
あなたの笑顔が涙でぼやけて見えませんでした。

浪人を宣言しに来た、Aちゃん、A君。
来年の朗報、待っています。

現役東北大、合格、おめでとう、T君。
4月からのアシスタントに決まりです。

始まれば終わる。
終われば始まる。
新しい学年になる小・中学生の皆さん、
あなたの力になれるよう、役に立てるよう、
気持を新たにしています。
新しい高校、新しい大学、に進学する皆さん、
そこにあなたの希望がありますよう、祈っています。

玲子











2019年1月 1日

おめでとうございます。

12月31日

いずれの科も悔いも「年の神様」にお納めして、
除夜の鐘を聞きました。

そして
1月1日
皆さま、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願い致します。

塾生のひとりひとり、ご縁で出逢ったことと
感謝いたしております。
成績だけが 子どもの成長ではないと思いますが、
それでも、出来ないところが分かり、
分かれば勉強は面白いと思ってもらえるよう、
精進したいと思っております。

冬期講習中に差し入れをしてくれたK子ちゃん。
メッセージカードに「ラストスパート」の言葉、
それぞれ違う手描きの絵を添えて
生徒の分だけお菓子を透明な袋に詰めて、
その時間と労力に感動でした。
心がこもっている差し入れに
「すごい!」
「わあ!」
「見てこれ、かわいい」
小さな声を拾うと、
中3の心に応援が届いたんだなと思いました。
ありがとう、K子ちゃん。
あなたが去年、志望校が決まらなくて、悩んだ日々を
思いだします。
きっと自分と同じような中3がいるかもしれない。
何もできないけれど何かしたい。
とにかく、あと少し。
「ラストスパート」
がんばって!
そう思ったのかどうかわからないけれど、
小さなお菓子の袋を全員に持って来てくれたことは、いくつになっても
中3のみんなは忘れないと思います。

冬休みに帰省した卒業生にも感謝でした。
アシスタントを引き受けてくれて、
助かりました。
山形からH君、ありがとう。
同じく山形、M子ちゃん。ありがとう。
M子ちゃんが
「北剏舎のプリントが捨てられなくて、
まだ、段ボールにとってあります」
そんなことって、うれしかったです。

会いたかったQちゃん、大阪からありがとう。
(ショーン、ありがとう。)

遅れて帰省した大学生も
「これから仙台に帰りますが、冬期講習に間にあいますか。」
携帯で聞いてくれたり、
「帰ってきました。なにか手伝うことはありませんか。」
教室まで来てくれたり、
その気持ち、うれしいことでした。
ありがとう。A君、H君。

誰かに助けられ、気にかけてもらって、
そうやって暮らしていると実感でした。

今年も至らぬことが多いかもしれませんが、
よろしくお願い申し上げます。

玲子







カレンダー

2019年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31